ライスフラワーの苗とパンジーやビオラを一緒に籠のデザイン寄せ植え

ライスフラワー寄せ植え-フルーレfleur-é

華やかな色とりどりのパンジー&ビオラのはとても可愛くて、根の扱い方も簡単。寄せ植えや花壇などに多く使われていますよね。

一方、ライスフラワーの苗はパンジーやビオラに比べて、寄せ植えなどにあまり使ったことがない人も多いのではないでしょうか?

ライスフラワーは少し根の扱い方がデリケートなところがあるので、ギャザリング寄せ植えするときに注意するポイントなどお伝えしようと思います。

少し高さのあるライスフラワーの苗を使ってパンジーなどとかご寄せ植えにしたら、とっても動きのある素敵な作品になりましたよ。

<スポンサーリンク>

目次

ライスフラワーはどんな花?

ライスフラワーーフルーレfleur-é

ライスフラワー基本情報
小さな米粒のような花の蕾から少し広がって咲くまでゆっくり変化を楽しみながら鑑賞できるので花期が長く感じられます。
・花木(原産地オーストラリア)
開花期:3月〜6月
耐寒性:普通〜やや強い(霜には当てない)
根くずし:水が下がりやすい。少しデリケート

ライスフラワーの苗の扱い方や注意点
ライスフラワーは花木です。紫陽花などもそうですが花木は一度水が下がると復活するのがちょっと大変。
根の土を落とすときは事前にしっかり水をやるなど、水さがりしないように注意が必要です。

・植える前にしっかり水やりをする。(ポット苗ごと数分間水にドブ付けしてもいいです。)
・下の方で巻いているような根はなるべく切らずに、ほどく程度に。
・肩の部分の土を親指で上から下に撫でるように土を落としましょう。(土を落としすぎないように注意)
・苗の株分けは基本できません。(生産者によっては1ポットに2本で植えている場合はそっと切り離す)

ライスフラワー寄せ植え-フルーレfleur-é
根元の肩の土を落とした後は早めに水苔で保護する

ライスフラワーをパンジーやビオラと一緒にデザイン寄せ植えしてみます。

ライスフラワー寄せ植え-フルーレfleur-é

今回のこちらの寄せ植えは2種類のユニット4つと小ユニット4つの合計8ユニットで作りました。

・黄色系の背丈が高いフリルパンジーとライスフラワーで作り後方に配置するユニットを2つ

・前面にはビオラとネメシアとシルバーレースにのユニットを2つ配置

・隙間に植える為に、アリッサムとヘリクリサムで作った小さなユニットやリーフにアベリアなどを使いました。

ライスフラワー寄せ植え-フルーレfleur-é

後方に配置するライスフラワーとパンジーのユニットを2つ作ります。

ライスフラワー寄せ植え-フルーレfleur-é

前面に配置するビオラ、ネメシアのユニットを2つさらにつくります。

ライスフラワー寄せ植え-フルーレfleur-é

アリッサムとヘリクリサムの小さいユニットやリーフだけのものを4つつくります。

ユニットを作る時のポイント
  • 背丈の違う植物どうしの組み合わせ。
    ライスフラワーのように高さがあって線状の植物に低めのパンジーのお花一緒にすると、横にも広がるユニットができ空間を補える組み合わせになっています。
  • 同じくらいの背丈の組み合わせ
    ビオラとネメシアのユニットは同じくらいの背丈でデザイン寄せ植えの面を作るユニットパーツになります。
  • 隙間を埋める小さいユニット
    メインのユニットどうしの隙間を埋める小さいユニット。主にリーフや小分けできる小花などで作る
ライスフラワー寄せ植え-フルーレfleur-é

後ろの2ユニットを植えたところ

ライスフラワー寄せ植え-フルーレfleur-é

8ユニット全て植えて完成

まとめ

こちらのデザイン寄せ植えは14株もの苗を使って植えています。

ギャザリングの技術を使うとこんなにもコンモリとした寄せ植えを作ることができますよ〜

<スポンサーリンク>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アレンジメントフラワー、カラー、ラッピング、北海道ガーデニングマイスターなど花に関わる資格を取り、カフェの植栽や寄せ植えなどを担当。
アレンジメントフラワーのような華やかな寄せ植え『ギャザリング』を3年間しっかり学び、お花についての情報を発信しています。

目次