葉牡丹の寄せ植え&リースで華やぐ冬玄関にしませんか?

葉牡丹寄せ植えーフルーレ

バラのような小さな葉牡丹がとても可愛い寄せ植えは、冬のの玄関をとても華やかに演出してくれます。

葉牡丹は凍っても大丈夫なくらい寒さに強い花です。寄せ植えはもちろんリースにも最適です。

葉牡丹リース-フルーレfleur-é
葉牡丹のリース

 記事後半でこちらのリース作り方の動画がありますのでよかったらご覧ください。

<スポンサーリンク>

目次

冬の花、葉牡丹は魅力的!

葉牡丹苗とリーフ類

葉牡丹と言えば秋から冬に公園などで大量に植えられているキャベツみたいな花と言うイメージが数年前までありました。

葉ボタンは大きな花という印象はありませんか?正直、長らく魅力に感じた事は有りませんでした。

でも今では色やサイズも色々で、ミニサイズの葉ボタンは一見バラに見えるぐらい素敵なんです!

葉牡丹は、置き場所次第で長く楽しめます!

葉牡丹寄せ植え-フルーレfleur-é
葉牡丹寄せ植え-フルーレfleur-é

寒くなるこれからの時季、ビオラや葉牡丹やリーフなど色鮮やになります。

冬の寄せ植えやリースに葉牡丹を使ってみてください。

クリスマスやお正月の華やかな時期にも素敵な玄関飾りになりますよ。

寒さが強まると葉牡丹の色づきも強くなるのでより楽しめます。

0℃くらいまでは枯れない植物を一緒に植えると、

晴れた日は外で日光に当てて、夜は玄関に取り込むことで北海道でも春まで楽しめるんです。

冬にはすっかり片付けてしまう北国の庭や玄関にもおすすめです。

ミニ葉牡丹は”ギャザリング”リースに最適です。

ギャザリングで作ると緻密でデザイン性の有るリースに仕上げる事が出来ます。奇麗なギャザリングリースを作る為には、植物がより小さなパーツに分けられることがとても重要。

1ポットに数株入ったミニ葉牡丹の苗を選ぶと、リースを作る時にとても重宝します。

ミニ葉牡丹のリース
ポット苗を株分
葉牡丹とリーフでユニットを作り、
植えていく
完成して飾る

3種類のミニ葉牡丹とその他の植物はビオラ、アリッサム、ロフォミルタスマジックドラゴン・コクリュ、初雪カズラ、クチナシなど。株分して配置を考えながら花束パーツを作ります。ユニットをリズムよくベラボンに植えてリースを作ります。

3種類の葉牡丹ミニとその他の植物はビオラ、アリッサム、ロフォミルタスマジックドラゴン・コクリュ、初雪カズラ、クチナシなど配置を考えながらパーツを作りますリズムよくベラボンに植えてリースを作ります。

冬にもベラボンは凍りづらいので大活躍です!

https://amzn.to/3Rs1Itr

葉牡丹リースの作り方動画はこちら

葉牡丹リース作り方動画

葉牡丹でリースの作り方動画を公開します。

今回使用した葉牡丹の苗は5芽が1ポットに入ったsessionシリーズです。一つづつ小分けにしてリーフと一緒にユニット(根付きの花束)に仕立ててリースにしています。ギャザリングの作り方を解説しています。

大きめの葉牡丹寄せ植えやウォールバスケットも素敵

大きめな葉牡丹をメインして、ミニの葉牡丹を鉢の周りに配置した寄せ植え。ロフォミルタスの赤い葉がなんとも素敵です。斑入りの葉は実はクリスマスローズを使っています。蕾も小さくついているのですよ♪

スキミアやイベリスなど寒さに強い植物を集めた葉牡丹のウォールバスケット

〈スポンサーリンク〉

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アレンジメントフラワー、カラー、ラッピング、北海道ガーデニングマイスターなど花に関わる資格を取り、カフェの植栽や寄せ植えなどを担当。
アレンジメントフラワーのような華やかな寄せ植え『ギャザリング』を3年間しっかり学び、お花についての情報を発信しています。

目次