Lesson ギャザリング

冬の花 葉牡丹で作る、おしゃれな「寄せ植え」&「リース」

投稿日:2018年10月30日 更新日:

葉牡丹-フルーレfleur-é

 

葉牡丹の寄せ植え、リースは置き場所次第で長く楽しめます!

冬の時期本州では、ビオラや葉牡丹やリーフなど色鮮やかで可憐な冬の花が最盛期です。実はこれからが種類も豊富で色鮮やかなお花が出回る時季なのです。

葉ボタン-フルーレfleur-é

 

冬にはすっかり片付けてしまう北国の庭や玄関ですが、これから迎えるクリスマスやお正月の華やかな時期にも素敵にお花を飾りたくありませんか?

ぜひ冬の寄せ植え葉牡丹のギャザリングを体験してみてください。

雪が降るまでの間は外に出しても綺麗に咲いてくれます。寒さが強まると葉牡丹の色づきも強くなるのでより楽しめます。

マイナス2℃くらいまでは枯れない植物で作るので、夜は玄関に取り込んだり、玄関フードが有る家ならお正月過ぎてもかなり楽しめますよ。

 

冬の花、葉牡丹は魅力的!

北海道で葉牡丹と言えば秋から冬に公園などで大量に植えられているキャベツみたいな花と言うイメージが数年前までありました。

葉ボタンは大きな花という印象はありませんか?

正直、長らく魅力に感じた事は有りませんでした。

でも今では色やサイズも色々で、ミニサイズの葉ボタンは一見バラに見えるぐらい素敵なんです!

 

葉牡丹-フルーレfleur-é

葉ボタン-フルーレfleur-é

ギャザリング向きに7本植えになっている鉢も有り、小さな株を沢山使う「リース」などに大変重宝しました。

フルーレではギャザリング専門の卸さんから直送で苗を送ってもらえるので、この時期の北海道ではなかなかお目にかかれないような旬の苗を使ってギャザリングすることが出来ます(^^)

葉牡丹のミニは”ギャザリング”リースに最適です。

ギャザリングで作ると緻密でデザイン性の有るリースに仕上げる事が出来ます。

奇麗なギャザリングリースを作る為には、植物がより小さなパーツに分けられることがとても重要です。

ミニの葉牡丹は華やかで寒さにも強く、小さく分けられる苗が豊富なので冬の花のリースに最適です。

特に北国は寒くて生花の寄せ植えが作れなくなるので、葉ボタンは寒さに耐える貴重なお花です。

葉牡丹-フルーレfleur-é

ミニ葉牡丹を一つづつ株分けして、分けられるリーフと合わせて花束のパーツを作ります。

葉牡丹ギャザリングリース-フルーレfleur-é

3種類の葉牡丹ミニとその他の植物はビオラ、アリッサム、ロミフォルタスマジックドラゴン・コクリュ、初雪カズラ、クチナシなど配置を考えながらパーツを作りますリズムよくベラボンに植えてリースを作ります。

冬にもベラボンは凍りづらいので大活躍です!

ベラボン・プレミアム5リットル入り

葉牡丹ギャザリングリース-フルーレfleur-é

 

葉牡丹リース-フルーレfleur-é

鉢の寄せ植えやウォールバスケットも素敵

葉牡丹-フルーレfleur-é

スキミアやイベリスなど寒さに強い植物を集めた葉牡丹のウォールバスケット。

 

葉牡丹ギャザリング寄せ植え-フルーレfleur-é

大きめな葉牡丹をメインして、ミニの葉牡丹を鉢の周りに配置した寄せ植え。ロミフォルタスの赤い葉がなんとも素敵です。

斑入りの葉は実はクリスマスローズを使っています。蕾も小さくついているのですよ♪

 

葉牡丹ギャザリングレッスン

12月初旬 ビニールハウスの店内で葉牡丹による今年最後のギャザリングレッスンを行いました。

暖冬とは言え、雪が降った後の寒さを心配しましたが、お天気が良かったのでハウスの中はストーブ無しで上着を脱いで過ごすことが出来ました。

【生徒さんの作品】素敵な作品を作って頂きました

生徒作品-フルーレfleur-é

生徒作品-フルーレfleur-é

お越し頂きありがとうございました。

今年のレッスンは終わってしまいましたが、冬のレッスンとして毎年この時期の葉ボタンが楽しみです。

 

お問い合わせフォーム

通常ギャザリングレッスンについてはこちらへ

 


-Lesson, ギャザリング

Copyright© fleur-é , 2019 All Rights Reserved.