壁掛けボードに飾るドライフラワーのミニスワッグの作り方

スワッグ・リース手作り-フルーレfleur-é

ドライフラワーを束ねてミニスワッグを作りました。壁掛けボードに飾ると素敵な壁飾りができましたよ。

作り方を動画にしてみました。

とても簡単なのでよかったら、参考にしてみてくださいね!

<スポンサーリンク>

目次

ミニスワッグの作り方《オレガノとニゲラのスワッグ 木ボード付き》

スワッグは、大きめのお花やリーフを大胆にたばねて逆さまに吊るすのがイメージされると思いますが、

今回ご紹介したいのはインテリアとしてさりげなくおしゃれに飾れるスワッグです。

長さ25センチくらいのミニスワッグを作り、おしゃれな木のボードに貼り付けて飾る作品です。

小さな絵を飾ってるみたいです。

ボードのサイズは28㎝×18㎝でナチュラル色とダークグレーの2色を用意。少し雰囲気も変わりますね。

スワッグにしては小さいので、お部屋にも、玄関にもトイレでもどこにでも飾れます。

スワッグ・リース手作り-フルーレfleur-é
ダークグレイ木ボード
スワッグ・リース手作り-フルーレfleur-é
白ナチュラル木ボード

スワッグ花材と資材の紹介

スワッグ・リース手作り-フルーレfleur-é

花材は全てドライフラワーです。25前後にカットして、そのまま束て余計な長さを最後にカットしました。

花材は左から

・ローナス

・ニゲラ

・ニゲラの穂あり

・フィリカピネア

・オレガノケントビューティー

・ホワイトデイジー

・クジャクアスター

・ユーカリ

その他資材

ワイヤー、ラフィア、木ボード、ヤシ繊維

作り方①(置いてから束ねる作り方)

こちらの方法は花材をボードの上に置きながら作っていく方法です。

スワッグ・リース手作り-フルーレfleur-é

オレガノケントビューティーの枝を少し高低差をつけて並べます。枝は束ねる所をクロスして支点を作るように置きます。スワッグの輪郭を大まかに決めるような感じで置いてください。真ん中が一番長くなるように意識します。

スワッグ・リース手作り-フルーレfleur-é

クジャクアスターやフィリカピネアなど細めの枝を置いていきます。

スワッグ・リース手作り-フルーレfleur-é

次に少し存在感のあるニゲラの穂ありと穂なしの2種類を置いてみましょう。短めのユーカリのリーフも置きます。

スワッグ・リース手作り-フルーレfleur-é

最後にポイントになるホワイトデイジーを置いて残りのユーカリの葉も置きます。

お好みでローナスの黄色い小花を入れてもかわいいです。

全ての花材を置いてから支点をワイヤーで束ます。

作り方②(手の中で束ねていく)作り方動画はこちら

こちらは動画を作りました。参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アレンジメントフラワー、カラー、ラッピング、北海道ガーデニングマイスターなど花に関わる資格を取り、カフェの植栽や寄せ植えなどを担当。
アレンジメントフラワーのような華やかな寄せ植え『ギャザリング』を3年間しっかり学び、お花についての情報を発信しています。

目次