多肉植物の寄せ植え。ちょっと特別な体験してみませんか?

多肉植物寄せ植え体験-フルーレfleur-é

多肉植物寄せ植え体験-フルーレfleur-é

<スポンサーリンク>



目次

多肉植物もギャザリング寄せ植え

株分けした多肉植物を寄せ植えして、器にあふれるほど入れてしまいました。

華やかさはギャザリングの寄せ植えならではですよね~宝石箱みたいでしょ♡

ちょっと特別な感じがしませんか?

多肉ってサキュレント、とも言いますよね。硬いイメージよりも洗練された感じがします。

よくある多肉植物の寄せ植えはそのまま植えていくと思いますが、フルーレのサキュレント寄せ植え体験はアートミズゴケで2,3種類まとめてパーツで植えていくのです。

こんもり作られたサキュレント寄せ植えはとてもデコラティブで、センスの良い広々としたお部屋でもインテリアとして存在感を放ってくれると思います。

雑誌で見る憧れのシンプルで洗練されたインテリアにちょっとスパイスの効いた多肉植物の寄せ植えは、どんなシーンにもおしゃれ感アップ間違いなし!

さり気なく食卓にも飾れます。

多肉植物寄せ植え体験-フルーレfleur-

多肉植物を一つ大きく育てるのも愛着が湧いて楽しいとは思いますが、寄せ植えするとアート作品を置いているような特別な気持ちになれますよ!

寄せ植え体験で作った後の管理が心配?初心者さんも大丈夫ですよ~

多肉植物はもともと、砂漠や海岸などの乾燥地に生息。葉の部分に水分を大量に溜める
柔組織が発達した植物です。なので毎日水をあげる必要がありません。
ベラボンに植えるので、寄せ植えを作った時にざっと水をあげたら2週間くらいは水やりの必要がありません。水を含んだベラボンがきちんと活着してくれます。
水やりのタイミングも葉の様子を見てシワシワしてきたらしっかり水をあげましょう。
シワシワしても慌てないでくださいね!水をあげたら元にもどります。

多肉植物寄せ植えの置き場所は?

外においても良いですし、なんと言っても室内で気軽に飾れるのが多肉植物の良いところです。

寄せ植え体験で使う用土はベラボンです。ヤシの実チップで出来ているのでとても清潔。食卓に置いても気になりません。

ただ、日差しは当ててあげたほうが色付きも良く元気になります。たまに外の風や直射日光に当ててあげると喜びます。

ポイント

室内で日照が不足すると、植物が間延びしてくることがあります。

そんな時は、多肉植物の長くなった茎を思いきって切ってしまってください。切ったものを根が付いていない状態で寄せ植えにそのまま葉を挿してください。

それだけでいいんです!とても簡単でしょ?

こうすることで、乱れてきた形を整えることが出来ますよ。

多肉植物寄せ植え体験-フルーレfleur-é

多肉植物が綺麗な色に色づいて来ました。本当に可愛いですよね~
ぜひインテリアに取り入れてほしいです。

器をチョイスしてオシャレにもカジュアルにも作れます。

多肉植物寄せ植え体験-フルーレfleur-é

多肉植物8種  

多肉植物寄せ植え体験-フルーレfleur-é

多肉植物5種  

多肉植物寄せ植え体験-フルーレfleur-é

多肉植物5種  

多肉植物の寄せ植え方法

  1. 多肉植物の土を落として子株に分けます。
  2. 2、3種類をまとめてます。
  3. アート水苔でくくり、まとめたパーツをベラボンに植えていきます。
多肉植物寄せ植え体験-フルーレfleur-é

1.株分け

多肉植物寄せ植え体験-フルーレfleur-é

2.まとめる

多肉植物寄せ植え体験-フルーレfleur-é

3.ギャザ水苔でまとめる

多肉植物寄せ植え体験-フルーレfleur-é

<スポンサーリンク>



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アレンジメントフラワー、カラー、ラッピング、北海道ガーデニングマイスターなど花に関わる資格を取り、カフェの植栽や寄せ植えなどを担当。
アレンジメントフラワーのような華やかな寄せ植え『ギャザリング』を3年間しっかり学び、お花についての情報を発信しています。

目次